事前準備の大切さ

畑キャンプで子供と遊ぶ > 独り言 > 事前準備の大切さ

事前準備の大切さ

とうとう取引する時という段階では、一番に事前調査を怠ってはならない。

 

取引を行う前であったならば起こる事を冷静に調査する事が可能です。

 

しかしながら、いったんトレードの内部に入ってしまうと、どう試みても捉え方が自分勝手なものになりがちで往々にしてしっかりとした見方ができなくなる不安があります。

 

だから己の理性的な段階で正しく準備をしておくことが不可欠です。

 

その"準備"とは、とにかく自分なりのシナリオを作成する事からスタートします。

 

今後の市場はこうなってああなるからランドをエントリーするみたいな、自分で考えた台本を書いていきます。

 

次に重要なのはローソク足チャートをチェックしましょう。

 

以前の為替相場の上下動を見定めて、現時点のチャートを見ます。

 

そうすれば、「今現在は相当低すぎる段階だ」もしくは「すでに大勢の人が取引しているから今さら買い(または売り)しても今さらやりようがない」などと理解できます。

 

もちろんもう取引するのがやりようがないと感じたならばエントリーしないで、それはきっぱりと割り切ることが不可欠です。

 

どう工夫しても自身の筋書きを貫いて割り切らずにトレードすると、市場に押し返されて、逆に損害を受けることになりかねない。

 

そうは言っても多くの場面で、用意周到に自身のシナリオを作っていると、取引が遅いという具合にはならないでしょう。

 

大方、具体的に外国為替相場が変化する前の状況のはずだからです。

 

更に、売買しようと検討しているポジションの上下の動きを確かめる事が大事です。

 

もしも、ドル高が進むという筋書きを考えたのであればその通貨の上下動に注意を払っておきます。

マーケットの変化を注目し始めた場面では明確に変化する素振りを見せず、上や下に多少の変動を繰り返しているだけだろう。

 

しかし、その動きを正確に確認しているとある位置で着実に円安の方向へとマーケットが変化し始めます。

 

この場面で初めてドル円の注文をします。

http://blog.livedoor.jp/joetsuup/

ここまで準偏をやっておけばそのエントリーで稼げる率はかなり高まります。

 



関連記事

  1. アジアカップが楽しみです
  2. 事前準備の大切さ
  3. FXでの利益