FXでの利益

FXでの利益

「スプレッド」とはFXは二国間の通貨を売り買いして差益を狙う商品です。

 

価格は上がったり下がったりします。

それが為替レートです。

 

テレビのニュースをみていると市場の話題が流れることがあります。

 

「今のドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという訳ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを提示しています。

 

言い換えると、トレードには買いと売りの値があるという事です。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと示している取引業者もあったりします。

 

平常時には売値の方が買値よりも低くなるものです。

投資家が買うときには高く、売るときには安くなるはずです。

 

その差をスプレッドといいFX業者の利益のひとつといわれています。

 

スプレッド幅はFX会社によって変わります。

 

スプレッドの幅は自分自身にとってコストになるので狭い業者をセレクトするほうが有利になります。

 

ただ、同じFX取引会社でも状況によってスプレッドの狭さは変化します。

 

例として日常的には円とドルの通貨ペアでわずか1銭のスプレッドでもレートの変化がとても激しい状況では3銭、4銭になったりするのです。

 

そのため、スプレッドの広さが狭いのと同じく変化が少ないということが不可欠です。

 

変化しないスプレッド幅を表示するFX取引会社もいろいろ存在しています。

 

リアルに業者の取引画面の中でリアルな為替相場をチェックしなければ区別できないので面倒くさいですがとても重要なことです。

 

貴重なお金を使ってトレードをするのですから、実際のトレードの前に興味がある取引会社の新規口座開設を試して表示されているスプレッドの広さをチェックしましょう。

 

同じ通貨でも、その場面での外国為替市場の変動率によって、スプレッド幅は異なる場合があります。

普通は、インターバンクで取引量の多い、流動性の高い通貨ではスプレッドの広さが小さく、あとの通貨ペアでは広くなる傾向にあります。

 



関連記事

  1. アジアカップが楽しみです
  2. 事前準備の大切さ
  3. FXでの利益